むちゃぶり攻撃?

0
    こんにちは、あやこです。

    寒くなったり、あったかくなったり
    体調管理が難しい毎日ですね。


    今週の火曜の夕方。
    上司に呼ばれて、何かと思えば
    またいつものムチャブリでございます。
    「この生地で3本作って欲しいんだけど、
    お客さんが金曜日に来るから、それまでにお願い。」

    出された生地がなんだかすごい


    右側が生地の表で
    左側が裏です。
    表の黒い部分がポリエステルと絹の混合で、模様の部分がなんと『金箔』『銀箔』!
    無学な私は初めて聞いたのですが、
    『金糸』『銀糸』といって、
    金箔、銀箔を和紙に貼って
    細く糸状に切ったものだそうで。
    この生地にはそれが織り込まれているのでございます!
    写真の左側の白っぽく見える裏側が、
    すべて金糸銀糸です。

    なんと超高級そうな生地(゚o゚;;

    …えっと
    金曜にお客さんが来るんだから、
    木曜までに仕上げるのね。


    …まるまる2日しかないやんけ〜
    ((((;゚Д゚)))))))

    こんな紙が織り込まれた生地
    どうしたらよろしいの??
    どうやって張る?
    型どうする?
    生地とにらめっこです。

    バイアスの伸び具合を何度も
    何度も何度も何度も確認。

    頭の中で、イメージして…
    イメージしてイメージして…。

    でもあまり悩んでる時間もないので、
    ある程度思い切りも必要です。

    でも思い切って失敗することも
    許されません。

    でもでも覚悟を決めて
    「えぇぇい!いってまえ!」
    案ずるより産むがやすし。

    裁断したらもう終わりなので
    ここが一番の緊張感。

    ミシンに入ろうとしたら
    …おや?
    ラッパ(傘を縫うときに生地を二つに折り曲げて縫うためのアタッチメント)に金糸銀糸が引っかかるなぁ〜
    外すしかないな。


    自分で二つに折りながらちょこちょこ縫うことにしました。


    さぁどんな仕上がりでしょうね〜。


    うん。
    上手く行きました\(^o^)/
    失敗してたら載せませんけどね(苦笑)
    木曜の今日、間に合いました。


    まぁこんな感じで
    日々無茶な注文をこなしております。
    あぁ疲れたε-(´∀`; )


    猛進中!

    0
      お久しぶりでございます、あやこです。

      8月も終わり、秋に入りましたね。
      東京の空気も少し変わってきた感じです。

      日傘の製作も落ち着きました。

      昨年は余裕がなくて 自分の日傘が作れず 購入した生地もお蔵入りでした…

      が、そちらも一年越しで 無事作ることが出来ました*\(^o^)/*


      さてさて、 これでようやっと雨傘作りに 本腰を入れることが出来ます!


      じゃんじゃん作りますよ。。

      ひさびさの張り替え修理

      0
        こんにちは、あやこです。

        東京の下町では
        あちこちでお祭りが始まってます。

        先日お神輿を追いかけて
        ウロウロしてたら
        すっかり日に焼けてしまいまして…
        首がまるこげです(*_*)


        さて、
        日傘の製作が少し
        落ち着いてきたので
        張り替え修理を2件ばかし。



        こちらはかなり昔の品です。
        何十年も前のものでしょう。
        絹の生地で
        とても綺麗な張りの傘ですが
        生地に痛みや汚れがでていたため
        張り替えのご依頼を頂きました。

        7本骨の傘ですが、
        型がなかったので
        型おこしからのスタートです。



        タフタの生地で
        なんとかきれいに張れました!



        お次は
        外国製の傘の張り替えです。

        生地の目から雨がミスト状に
        漏ってくるとのことで
        張り替えになりました。



        外国の傘の場合
        シトシト雨を想定して
        作られているので、
        日本の土砂降りの雨に耐えられず
        雨漏りしてしまう
        ということが往々にしてあります。

        国や地域によって
        雨の質に違いがあるので
        仕方がありませんね^^;

        あと、外国の文化としても
        あまり雨を気にせず
        傘をささない…
        故に撥水性の優れた傘よりも
        デザイン先行的な傘…
        がたくさんあります。



        こちらは骨がしっかりしていたので
        二重織の甲州織の生地でも
        ちゃんと張れました。

        お客様にも喜んで頂けたので
        一安心です(^-^)



        張り替え修理の場合
        既存の型が合わず
        型作りから入らなければならないことが多く、とっても大変です。

        どこをどうしたらぴったり張れるか…
        考えてると脳が酸欠状態になってしまいます。

        でも完成すると
        「ねぇ見てみて〜上手くいったぁ!」
        と周りの大人たちに見せて
        無理やり褒めさせて
        疲れを癒してもらっとるのです^^;


        | 1/17PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << November 2016 >>

        傘職人募集

        絆傘処では傘職人の育成も行っております。 興味のある方はお気軽にご連絡下さい。 連絡メール

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM