骨董傘の修理。

0
    こんにちは、あやこです。
    師走ですねー。
    東京はなんだかんだで
    ちゃんと寒い冬が来ています^_^

    今回はかなりの骨董傘の張り替え修理をご紹介。


    50年以上前の物だそうで、とてもステキな彫刻の手元の日傘です。
    残念ながら生地が傷んで破れてしまっていて骨もかなり錆びている状態なので、お客様にお持ちいただいた新しい生地に張り替えていきます。

    まずはこの骨に合う型を探すため、別の生地で試し張りをします。

    昔の小さめの日傘なので、あまり丸くない平らめの張りです。
    こんな感じでよさそう。

    本番の生地の柄どりを考え裁断します。



    さらに骨の錆を落としていきます。

    結構錆びてます。



    バラして一本一本磨きます。


    ピカピカになりました^ ^

    いよいよ生地を張ります。


    新しく生まれ変わりました!
    昔お客様の義理のお母様から譲り受けた大切な傘だったようで、次はお嫁さんに譲るつもりで修理をご依頼いただいたようです。
    大変喜んでいただきました。
    また長くお使いいただけるようになって本当によかった\(^-^)/

    いい仕事が出来ました。


    | 1/36PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    傘職人募集

    絆傘処では傘職人の育成も行っております。 興味のある方はお気軽にご連絡下さい。 連絡メール

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM