一本棒傘の修理(その3)

0
    一本棒傘の修理です。
    先の作業では、バラバラに分解した傘骨を組み直しました。
    最後に傘生地(カバー)を傘骨に取り付け、中綴じ(傘生地と親骨を縫い閉じます。)
    この時に使う糸は、蝋(ロウ)引きをした雨傘の中綴じ専用の糸です。
    蝋引き糸
     蝋引き糸の色は数種類あります。
     通常中綴じの糸は骨の色に合わせます。
     


















    今回の骨は黒色なので、黒い蝋引き糸を使用します。
    中綴じ前
    長傘の中綴じは各骨毎に2ヵ所縫い付けます。
    中綴じ2カ所
    8本骨ですと、16カ所縫い付けます。

    全ての中綴じが終わったら、傘を閉じて、石突き(傘の頂点にある固い部分)部分から菊座、陣笠を取り付けて、
    傘が仕上がります。
    傘修理の完成
    綺麗に直りました。

     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    傘職人募集

    絆傘処では傘職人の育成も行っております。 興味のある方はお気軽にご連絡下さい。 連絡メール

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM