ひさびさの張り替え修理

0
    こんにちは、あやこです。

    東京の下町では
    あちこちでお祭りが始まってます。

    先日お神輿を追いかけて
    ウロウロしてたら
    すっかり日に焼けてしまいまして…
    首がまるこげです(*_*)


    さて、
    日傘の製作が少し
    落ち着いてきたので
    張り替え修理を2件ばかし。



    こちらはかなり昔の品です。
    何十年も前のものでしょう。
    絹の生地で
    とても綺麗な張りの傘ですが
    生地に痛みや汚れがでていたため
    張り替えのご依頼を頂きました。

    7本骨の傘ですが、
    型がなかったので
    型おこしからのスタートです。



    タフタの生地で
    なんとかきれいに張れました!



    お次は
    外国製の傘の張り替えです。

    生地の目から雨がミスト状に
    漏ってくるとのことで
    張り替えになりました。



    外国の傘の場合
    シトシト雨を想定して
    作られているので、
    日本の土砂降りの雨に耐えられず
    雨漏りしてしまう
    ということが往々にしてあります。

    国や地域によって
    雨の質に違いがあるので
    仕方がありませんね^^;

    あと、外国の文化としても
    あまり雨を気にせず
    傘をささない…
    故に撥水性の優れた傘よりも
    デザイン先行的な傘…
    がたくさんあります。



    こちらは骨がしっかりしていたので
    二重織の甲州織の生地でも
    ちゃんと張れました。

    お客様にも喜んで頂けたので
    一安心です(^-^)



    張り替え修理の場合
    既存の型が合わず
    型作りから入らなければならないことが多く、とっても大変です。

    どこをどうしたらぴったり張れるか…
    考えてると脳が酸欠状態になってしまいます。

    でも完成すると
    「ねぇ見てみて〜上手くいったぁ!」
    と周りの大人たちに見せて
    無理やり褒めさせて
    疲れを癒してもらっとるのです^^;


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    傘職人募集

    絆傘処では傘職人の育成も行っております。 興味のある方はお気軽にご連絡下さい。 連絡メール

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM